顧客本位の業務運営に関する方針

顧客本位の業務運営に関する方針

興和不動産投資顧問株式会社(以下「当社」といいます。)は、顧客本位の業務運営を実現するために「顧客本位の業務運営に関する方針」を策定・公表し、より良い業務運営を実現するため、必要に応じて本方針を見直してまいります。
  1. 顧客の最善の利益の追求 当社は、金融事業者として高度の専門性と職業倫理を保持し、顧客に対して誠実・公正に業務を行い、顧客の最善の利益を図ります。また、当社は、こうした業務運営が企業文化として定着するよう努めます。
  2. 利益相反の適切な管理 当社は、法令および社内規程等に則り、取引における顧客との利益相反の可能性について正確に把握し、利益相反取引に該当する可能性がある場合には、取引実行前にコンプライアンス委員会及び投資委 員会並びに取締役会において審議しその承認を得るなどの方法により、利益相反取引を適切に管理します。
  3. 手数料等の明確化 当社は、顧客が負担する手数料等については、取引に先立ち詳細を顧客が理解できるよう、情報提供を行います。
  4. 重要な情報のわかりやすい提供 当社は、金融商品・サービスに係るスキーム、リターン、リスク、取引条件、運用状況などの重要な情報について、顧客に対して正確で偏りのない情報を適時にかつ分かり易く開示します。
  5. 顧客にふさわしいサービスの提供 当社は、顧客の資産状況、取引経験、知識及び取引目的・ニーズを把握することに努め、それらを意識した資産運用を行います。
  6. 従業員に対する適切な動機づけの枠組み等 当社は、顧客の最善の利益を追求し、利益相反を適切に管理するため、従業員に対する動機付けの枠組みや適切なガバナンス体制を整備します。
    当社は、役職員が常に顧客の最善の利益を追求できるよう行動規範を定め、資産運用の専門家として顧客の利益に対して忠実に職務を遂行し最良の執行確保に努めています。従業員の人事評価においてはコンプライアンス、行動規範の順守を評価項目の一つとするとともに、役職員を対象としたコンプライアンスに関する研修を定期的に実施しています。